2010年12月22日

女探偵の思い出

宮崎の探偵社 ハマエージェンシー照くんは
父子家庭
弟との3人暮らしだった




6年生40人のクラスに
照くんはいた

始業式の その日
照くんは 欠席だった
「先生 照くんは さぼりです」と
クラスの みんなは 口々に言った

あくる日 登校した 照くんは
挑むような目で
私を 見ていた

私は 家庭の事情を
ある程度 知っていた
だから 私は 何も聞かなかった

そして
照くんが 学校に来ないのは
クラスの みんなが悪い
照くんに優しく しないから
学校に 来たくないのだ
みんな 優しくしてほしい
と言った

すると いきなり
大声を上げて 照くんは
泣き出した
クラスは シーンと 静まりかえった
しゃくり上げながら 
照くんは 泣き続けた

それ以来 クラスは 変わった
照くんも 変わった
クラスの みんなが
照くんに 優しくなった
照くんは 笑顔で 
登校するように なった  



本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  


Posted by 宮崎の探偵 at 15:09

2010年12月20日

お母さんへの手紙

宮崎の探偵社 ハマエージェンシー
当時 吉田君は 3年生
少し おとなしいけど
とても真面目な 頑張り屋
忘れ物もなく 宅習もきちんと
やってきていた

ところが ある時から
忘れ物が 多くなり
宅習も おざなりになってきた
おかしいなあ 何があったのだろう
私は 思い切って
お母さんに 手紙を書いた

翌日 お母さんから
返事が 届いた
それを見て 私は びっくりした

その手紙には
「学校で 
 そんなに分かるのですか
 実は 離婚を 考えていたけど
 子どもに そんなに影響を 
 与えていたとは・・・
 離婚は 考え直します」
 と書かれていた

あの時 
思い切って
手紙を出して よかったなあ
・・・と 今でも思っている



本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  


Posted by 宮崎の探偵 at 11:00

2010年12月19日

ふみえちゃんの誕生日、続き

宮崎の探偵社 ハマエージェンシー
ところが
誕生日の朝
ふみえちゃんの 机の上には
プレゼントが
山のように積まれていた

それを見た途端 ふみえちゃんは
大声で泣き出した
泣き続ける ふみえちゃんを
みんな 優しい眼差しで見つめていた

その日以来 
ふみえちゃんは 大きく変わった
クラスの友達に 優しく接するようになった
注意されても 素直に行動するようになった

人の優しさは 人を変える力がある
10人の仲間の 優しさに
深く感動した 思い出である


本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  


Posted by 宮崎の探偵 at 09:39

2010年12月16日

ふみえちゃんの誕生日

宮崎の探偵社 ハマエージェンシー現在
女性調査員をしている私は
かって公立学校に勤めていた




ふみえちゃんは 当時4年生
末っ子で体も小さく 
そのうえ病気がちだった

そのため 両親から 
とても甘やかされていた
何か気に入らないことがあると 
すぐに怒り出し
友達をたたいたり つまんだりした

クラスの10人の仲間は
注意はするが 怒りもせず
ふみえちゃんの わがままを許していた

当時 
クラスの仲間意識を育てようと
みんなの誕生会をしていた
誕生日には 手作りプレゼントを持ち寄り
みんなでお祝いした

ふみえちゃんの 誕生日がやってきた
日頃の行動を自覚している ふみえちゃんは
自分には プレゼントは 
絶対来ないだろうと思っていた



本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  


Posted by 宮崎の探偵 at 12:09

2010年11月30日

有難かった 子ども達の思いやり

宮崎の探偵社 ハマエージェンシー現在、
女性調査員をしている私は
かって公立学校に勤めていた



初めて赴任した山奥の学校で
私は小学5年生 26人を受け持っていた
子ども達は明るく 皆仲良く 
クラスはいつも活気に満ちていた

そんなある日 
故郷の母から1本の電話が学校にかかってきた
それは祖母の死を知らせるものだった
幼い頃より私を可愛がってくれた祖母の死を知り

教室に戻ると どっと悲しみが込み上げてきた
そして授業中にもかかわらず
おもわず泣き崩れてしまった

突然の先生(私)のその表情に
教室は一瞬シーン
しかし、すぐにざわざわと
小さな話し声が伝わってきた

でも 誰も 何も私に聞かない・・・
冷静さが保てず教壇の机に伏している私に
知らんふりをしているようだった
 
私はやっとの思いで
「みんな有難う」と言い
そして事情を話すと
子ども達が口ぐちに言ってくれた

「先生はやく帰って、
皆大丈夫だから、皆で自習しとくから」・・・と

私は教室をとび出し 
上司に許可を得て
山あいを走る定期バスに飛び乗った

祖母の死は悲しかったが
子どもたちの
子どもなりの思いやりにとても癒されていた

今でも
心のおくに残っている 
思い出 である




本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  


Posted by 宮崎の探偵 at 20:40

2010年06月16日

自分が人にしてもらって嬉しいこと

宮崎の探偵社 ハマエージェンシー身内に難病を背負って
闘病中の者がいます。




時間を作っては見舞いに行っていますが・・・
今日の病室での一場面

身内の向かい側のベッドのご婦人は
 痴呆が少しあり 身体が不自由です

お見舞いに来たご主人が帰られると
 不安いっぱいです

ナースコールが鳴り響きます

でも
なかなか来てもらえません

ようやくみえた
 病院のスタッフ

手際よくケアをした後
そのご婦人と二・三の会話をし
すぐに立ち去られた
いかにも忙しそう

人生 順おくり
 いつか 誰でも
身体が不自由になり
他人のお世話になる

あるいは
これ以外でも
自分の力ではどうにもならず
他人の協力が 
どうしても必要な時があります


自分がそうなった時

自分が人からしてもらって 嬉しいこと

いまも 目の前のご婦人が
教えてくれました



本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  
タグ :探偵調査


Posted by 宮崎の探偵 at 09:46

2010年06月10日

どきどきスクープ!

宮崎の探偵社 ハマエージェンシーここに
一枚の
写真があります。




ある調査案件で撮影された
一枚の証拠写真です

男女がまさに
ホテルから出てきて
クルマに乗り込む瞬間!

調査員も その時は
ドキドキ

ただ男女の表情が
ちぐはぐに感じられるのは
気のせい?

このカップルでは
片方が勝ち誇った感があるのに対し
相手の方は
伏目がちに 
すばやく クルマに乗り込む
こころなしか元気がないようにも見える

調査依頼人の苦しみや
その家族の状況を知っている
現場の調査員

その目に映るもの

そのカップルの
ちぐはぐな表情の中に

心の痛み 後悔の念が
感じ取れるのは
気のせいだろうか




本日の書き手は宮崎の探偵社 ハマエージェンシーでした。
ご相談ごとは → "宮崎の探偵社 ハマエージェンシー"

  


Posted by 宮崎の探偵 at 10:18
ご相談窓口のご案内

 ↓ホームページ
 宮崎の探偵社
 ハマ エージェンシー


  住所
 宮崎市霧島3丁目81


  TEL番号
   0985-32-3444


  メールでのお問合せ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
宮崎の探偵
宮崎の探偵